医薬品の通信販売を巡る動向

それまで大掛かりな規制がなかった医薬品が、改正薬事法により通信販売による医薬品販売に規制がかかった事で、商材として取り扱ってきたサイト運営者側や通信販売市場に、大きな変化が起こるきっかけを与えます。
それまで薬局の対面販売でしか購入できなかった一般医薬品を、副作用の起きやすいものから順に、第一類・第二類・第三類と種別し、それぞれの危険性の高さに応じて、販売方法や説明責任を行うのが改正薬事法です。
旧薬事法には対面販売以外の販売を禁止する法律が無かったため、郵送・宅配・電話・通販が自由に行われていましたが、新しい薬事法では医薬品は対面販売が原則であるとし、郵便販売できる医薬品は第三類のみと決めます。
これに反発したのが通販事業者達です。
裁判により市販薬の通信販売に対する法的規制の無い状態にはなりましたが、通販事業者もガイドラインを出す等の対策を行っています。
最近の動向としては、更なる法改正を視野にガイドライン作りの見直しが行われています。
医薬品の通信販売が歓迎される理由は、遠方で薬を購入できない人、交通手段が無い人や離島に住んでいる人等、様々な事情を抱えています。
利用者にとって一番良い方法を模索する事が大切です。