医薬品の通信販売は何故一部禁止されたのか

医薬品には2種類があります。
医療用のものと一般用のものです。
医療用の薬は強い効果があって副作用の可能性もあるので、必ず医師の診察と処方箋が必要となります。
このような医療用の薬は通信販売で購入することはできないのです。
一般用のものは大衆薬と呼ばれていて、薬局やドラッグストアで購入することができます。
ところがこの大衆薬も、以前は通信販売ができなかったのです。
つまりほんの少し前までは、日本では薬を通信販売で買えなかったわけです。
その理由は、厚生労働省が薬は対面販売しなければならないと決めていたからです。
そのため対面販売が不可能なネット販売は禁止されていたのです。
それが解禁されたのは、通販業者が国を訴えていた裁判で、最高裁がネット通販禁止は違法という判決を下したからです。
それ以後、医薬品も通信販売で購入できるようになったのです。
ただし国では全面解禁すると効能やリスクが高い製品が出回る恐れがあるとして、一部禁止する方向で調整しています。
とはいえ通信販売で医薬品が購入できるようになったメリットは非常に大きいものがあります。
恥ずかしくて買いにくい薬なども、ひと目を気にせず購入できますし、近所にドラッグストアがない場合でも簡単に注文できるようになったのです。

安く医薬品を買える通販サイトは危ない?

インターネットが発達した現在、医薬品も通販サイトで購入することが出来るようになっています。
日本国内では販売できる医薬品が限定されている他、認可を受けた薬以外は使用できないということになっているため危険性が非常に少ないと言えます。

しかしながら通販サイトでは海外からの輸入品などを販売していることもあり、危険性をはらんでいることもあります。

安く買えるという謳い文句がある場合には、医薬品として認可されていないものを販売している可能性もあるため、十分な注意が必要です。
また安すぎると感じた場合にも同様です。
通常医薬品は割引などをされる可能性が極めて低いのが特徴です。
決められた値段で販売するよう義務付けられているため、安すぎる医薬品はそもそもの値段が安いということになります。

それはつまり効能が不安定であったり、副作用が出るなどリスクをはらんでいる可能性がかなり高いと言えるのです。
海外と国内の医薬品に対する基準も異なりますが、それは人種によって身体の内部構造が違うことにもあります。

そのため通販サイトで薬を購入する時は危険性を排除するためにも正しい情報を見につけ、危険性の有無を自信で判断する力が必要になるのです。